【和光クレジットの評判・口コミを暴露】現金化した感想・実際の換金率は最悪なの?

和光クレジットの口コミ評判

和光クレジットは創業13年を超える老舗クレジットカード現金化業者です。利用者のプライバシーに配慮してくれると有名で、13年年間クレームがありません。

信頼できる業者ですが、換金率や振込スピードがイマイチでは問題です。

そこで今回は和光クレジットに注意すべき欠点がないか、口コミなどをベースに検証しました。

いくつか注意すべき点が見つかりましたので是非、内容を確認してください。

和光クレジットの評判【悪かった口コミも】

ネットの口コミが今ひとつなんで心配していましたが使ってみると何のトラブルもの無く20分程度で振込んでもらえました。スタッフの電話対応もやさしかったです。
5分で振込は無理でしたが、それでも平日の午後に10分で振込めるのは優良店でしょう。24時間対応ですから仕事帰りにも申し込めて便利です。
利用できるクレカの豊富さはトップクラスだと思います。アメックスなど、どちらかと言えば日本でマイナーなカードも利用できます。
換金率が低すぎておすすめできません。利用額8万円で振込まれた金額は6万4千円です。換金率を計算すると80%台ギリギリです。相場より低い換金率ですよ。
電話で換金率について聞くと公式サイトと違う数値を言われたのでクレームを言ったら態度が高圧的になりました。換金率もサポートもここは信用できません。

和光クレジットは振込スピードは申し分ないのですが、換金率に関しては悪い口コミが目立ちます。

中には60%台を切るケースもあります。しかしこれは利用額が3万円以下の場合です。和光クレジットを使うなら利用額を3万円以上にしましょう。

和光クレジットを運営している会社は信用して大丈夫?

和光クレジット

会社名 和光クレジット
HP http://wako-c.net/
所在地 東京都渋谷区桜丘14-6
電話番号 0120-971-489
代表者名 山本和夫
申込方法 電話、お申し込みフォーム、FAX、電子メール
Mail info@wako-c.net
換金率 87%~
最大還元率 98%
営業時間 お電話(平日9:00~18:00)
(土日祝日10:00~17:00)
メール・FAX(24時間)
支払い方法 銀行振込
振込時間 最短10分
即日振込対応

和光クレジットは創業13年と実績がありますが、公式サイトには不安な箇所がいくつか見られます。

まず、会社概要に明記されている所在地ですが、検索すると、そこにあるのは黒松ビルというオフィスビルです。

このビルの中に事業所を置いていると思われますが、それなら住所に部屋番号を記載すべきですよね。

公式サイトには番地までしか載っていません。

何かやましいことがあるのかと勘ぐってしまいます。

また公式サイトがSSLに対応していないのも不安です。

これではユーザーの送信した個人情報やカード番号が漏洩してしまう可能性があります。

まとめると、和光クレジットの信頼度は低いと言わざるえません。

ただ和光クレジットで詐欺に遭ったという口コミは見当たりませんから普通に利用する分には問題ないでしょう。

和光クレジットの中でも特に注目されている特徴について

和光クレジットのメリット

保証人なしで利用能

クレジットカード現金化はカードで買い物するだけですから、保証人を用意する必要はありません。

現金化を申し込む利用者名義のクレジットカードと本人確認に使える証明書があれば大丈夫です。

カードローンのような厳しい審査もありませんから、利用額が高額になった場合でも収入証明書は不要です。

現金化で生じた費用の支払いはカード会社に行きます。

和光クレジットから取り立てが来ることはありません。

消費者金融を利用するより安全に現金を入手できます。

利用額が高額になるほど換金率アップ!

和光クレジットをお得に利用するなら換金率アップが欠かせません。

換金率に関する不満が述べられることが多い和光クレジットですが、換金率が高かったケースもあります。

その多くが15万円以上の高額利用をしています。

1万円程度では70%前後まで換金率が落ち込むようですが、15万円を超えると換金率が大幅に改善されるという報告があります。

複数のカードを利用するなどのテクニックを駆使して高額利用を目指しましょう。

創業以来カード停止が一度もない

クレジットカード現金化を利用する上で心配なのが、カードの利用停止や強制解約です。

クレジットカード現金化自体がカード会社から禁止されている行為ですから、それがバレると必ずペナルティを受けます。

自分でおこなう現金化が危険だと言われるのはカード会社にすぐバレてしまうためです。

カードで購入した商品はカード会社に全て把握されていますから誤魔化しようがありません。

ですが、和光クレジットを使えば購入商品が現金化が疑われない物になりますから、バレずに済みます。

創業から13年間一度もカードトラブルがないので、大船に乗ったつもりで現金化しましょう。

プライバシー最優先でやってくれる

カードローンなどでは契約に関して、自分が働いている会社に確認の電話連絡が行くなど、金策していることがバレる可能性があります。

プライバシーに関わる、知られたくない情報が知られることは嫌ですね。

しかし、審査の必要がない和光クレジットであれば金策がバレる可能性はありません。

自宅や会社などに利用明細が送られてくることもないため、安心して利用できます。

土日祝日も利用できる

和光クレジットは平日はもちろん土日祝日も営業しています。

受付時間は土日祝日が10:00~17:00です。少しでも早く現金を受け取りたいなら事前に申し込みを済ませておきましょう。

申し込みは24時間いつでも可能ですから9:00まえに済ませて、受付時間になったらすぐに折り返しの連絡を受けられるよう準備してください。

和光クレジットのここがスゴイ!注目の3つのメリット

申し込みから10分ほどで振込!

平日で空いているなら現金化の申し込みから10分ほどで振込んでくれます。

公式サイトに記載されている最短5分と比べると長く感じるかもしれませんが、それでも10分であれば早いです。

しかし、いつでも10分程度で振込んでくれるわけではありません。

お昼休みや土日祝日では利用者が増えるので、振込が遅れたり、電話対応が間に合わなくなるケースが出てくるでしょう。

スムーズな振込を望むなら午前中に申し込むのが賢明です。

お得なキャンペーンが豊富

和光クレジットは利益還元と称してお得なキャンペーンを定期的に行っています。

これまでのキャンペーン内容の中には「20万円以上利用の初回限定で換金率92%保証」や「毎週39名にビックカメラの商品券10万円分プレゼント」などがあり、かなりお得です。

現金化業者でこの規模のキャンペーンを実施しているところは少ないですから、上手く活用してください。

法人なら無条件でお得

和光クレジットは法人の利用を優遇しています。

個人で利用するよりも常に換金率が3%アップしますから、50万円以上の高額利用では大きな差になるでしょう。

法人を優遇する理由は、個人に比べて利用額が高額になる傾向があるためです。

利用額が増えるほど現金化業者が一度に得られる利益は増えますから、法人の利用には積極的です。

他の業者の換金率を引き合いに出して交渉すると、さらに換金率が上がる場合もあるので法人で利用する場合は、他の業者をしっかりと調べておきましょう。

和光クレジットを安全に利用するための注意点!

クレジットカードの裏面を要求される

クレジットカード現金化は、カードの表面を撮影してメールや公式サイトのフォームで送るのが定番です。

本人確認が義務付けられていますから本人名義のカードであることを画像でチェックする必要があるため、表面のコピーを送信するのは仕方ありません。

しかし、カードの裏面にはセキュリティーコードが書かれていますから第三者に裏面のコピーを提出するのは賢明ではありません。

最悪のケースではカードを不正利用されます。

和光クレジットから裏面のコピーを要求されたという口コミが少なくないため、安全のために裏面のコピーは断りましょう。

未成年者と高齢者は利用できない

和光クレジットを利用できるのは20歳~75歳の日本在住の人のみです。

対応するクレジットを所有している成人でも住所が無い方は利用できません。

注意したいのは18歳と19歳の方が利用できないことです。

この年齢は高校生でなければカードを持てるため、現金化も認められると考えがちですが、実際は利用できません。

和光クレジットの実際の換金率は公式サイトと違うか検証する

和光クレジットの換金率

和光クレジットの公式サイトには3万~15万円の利用で換金率87%と書かれていますが、口コミを調べる限り、この金額の換金率は低く70%~85%となっています。

特に低額利用で換金率が低くなる傾向があり、3万円程度の利用では70%台が一般的なようです。

例えば3万円分のショッピング枠を利用すると、受け取れる金額は2万1千円ほどになります。

80%以上の換金率を望むなら最低でも10万円は利用してください。

和光クレジットの振込までの時間について

振込までにかかる時間は非常に短いです。

初めての利用でも10分程度で振り込まれるようです。

公式サイトには最短5分とありますが、平日の午前中など空いている時間帯でも5分は難しいようです。

残念なことに2回目以降の利用で振込までの時間が目立って短くなることはありません。

15時以降の申し込みの振込は基本的に翌営業日になります。

土日祝日の振込スピードは時間帯によって平日より遅くなる場合があります。

多くの人が外に出かける10時から15時にかけては電話窓口が混み合うので振込スピードが落ちます。

土日祝日は早めの申し込みを心掛けましょう。

和光クレジットの申し込みから現金化までの手順の流れ

和光クレジット利用の流れ


  • ①現金化の申し込み

    和光クレジットの公式サイトにあるフォームか電話で現金化を申し込みます。
    公式サイトは24時間いつでも申し込みができますがSSLに対応していないので通信が覗かれる可能性があります。セキュリティを考えれば電話の方が安全です。

  • ②本人確認書類とカード表面の提出

    本人確認に用いる書類とカード表面のコピーをメールなどで和光クレジットに送信します。

  • ③指定の商品を購入する

    和光クレジット側で必要書類が確認できたら現金化に利用する商品を購入するページを教えられます。商品をクレジットカードを使って購入しましょう。

  • ④口座に振込まれる

    商品を購入してしばらくすると和光クレジットからメールで振込を済ませたと連絡が来ますから、口座残高を確認します。事前の取り決めどおりの額が振り込まれていることを確認できたら現金化は完了です。

和光クレジットが悪徳業者という噂は本当なのか?

一部ネットに書き込みがある、和光クレジットの悪い噂について調査しました。

公式サイトの換金率はウソ?

和光クレジットの口コミを見ていると、公式サイトの内容と実際のサービス内容が違うという書き込みが見つかります。

中には換金率が55%だったという話もあり、本当だとしたら酷い話です。

しかし、多くは換金率が70%前後で不満を言うものばかりです。

そして換金率が低かったケースは利用額が3万円未満の場合がほとんどです。

利用額が3万円を下回ると和光クレジットの換金率は大きくさがります。

公式サイトの換金率表も3万円までしかありません。

3万円以下の利用では公式の記載は当てにできないと判断すべきでしょう。

同業他社からの嫌がらせ

和光クレジットの悪い書き込みが目立つ理由は、他の現金化業者からの攻撃を受けている可能性も考慮すべきです。

年々、クレカ現金化業に参加する者が増え、その数は飽和気味です。

その結果、顧客獲得競争が激化しました。

ネットのレビューサイトに悪評を投稿するところまで事態は深刻かしています。

こういった事情がありますから口コミサイトで悪評を見かけたら、文章をコピーして検索してみましょう。

業者の嫌がらせならコピペの可能性が高いですから大量に同じ文がヒットします。

和光クレジットは他の現金化業者と比べて本当に良いのか?

和光クレジットのように利用金額によって還元率が変動する設定の業者は信頼できる優良業者と言っても過言ではないでしょう。

クレジットカード現金化サービスを行っている会社も、商売でやっているのですから現金化手続きの手数料にも必ず適正価格は存在します。

驚くほど高還元率の業者は、後々でトラブルの原因となる確率が高くなるので、クレジットカード現金化を検討する際にはしっかり考えて優良業者を選択することがポイントだと言えるでしょう。

和光クレジットの現金化のまとめ

和光クレジットは10分のスピード振込と法人利用で換金率を3%アップしてくれる利便性の高さが魅力です。

しかし換金率やセキュリティの面で不安があります。

セキュリティについては電話申し込みを利用することで問題を回避できます。

換金率の低さは利用額を増やすことで対処しましょう。

10万円以上りようすれば80%は硬いです。

メリットとデメリットがハッキリしていますから補足的に利用するのがおすすめです。

換金率を上げられるケースに限定して活用しましょう。

© 2021 クレジットカード現金化リサーチナビ