Amazonギフト券買取で現金化したらバレる?ばれやすい原因と対策

Amazonギフト券買取で現金化したらバレる?ばれやすい原因と対策

Amazonギフト券はとても便利で利用者も多く、すぐに売れるので現金化するためによく使われています。

実際に買取サイトも賑わっており、他の商品券などと比べても高額買取に期待ができますが、Amazonギフト券買取で現金化したことがバレたらリスクもあります。

今回は、Amazonギフト券買取で現金化がバレやすい人の特徴、現金化がバレる理由、バレたらどうなるのかなどを知っておきましょう。

Amazonギフト券買取で現金化がバレたらどうなる?

Amazonギフト券買取で現金化がバレたらどうなる?

Amazonの規約違反、ペナルティ

Amazonでは、Amazonギフト券を現金化することを認めていません。
規約違反になってしまうので、現金化の為に購入したと判断されるとペナルティが発生してしまいます。

また、購入したギフト券が無効になる、Amazonを今後使えないといったデメリットもあるので注意しましょう。
強制退会になる可能性もあり、もうAmazon内で買い物をすることができなくなってしまいます。

クレジットカードの利用停止、一括返済

クレジットカード会社も、カードを現金化に利用することを認めていません。
現金化に使ったとバレてしまうと何かしらのペナルティが発生することになります。

例えば、クレカの利用停止、一括返済など。
利用停止になれば、クレジットカードを利用できなくなってしまいます。
一括返済のペナルティが下されば、現在までの金額をまとめて支払うことになります。

カード会社は現金化を取り締まっています。
クレカはあくまでその人の信用で使えるものなので、クレカ停止や一括返済などの重い処置をとられることになるので注意しましょう。

数年間クレジットカードが作れなくなる

クレジットカードにおいて、信用問題は重要です。

カード会社は情報を共有しているため、現金化されたことはそのカード会社だけではなく、他のカード会社にも知られてしまうことになります。

ブラックリストに登録されるとカードの新規発行ができません。
また、ローンの審査が下りない、賃貸契約が出来ないなどのトラブルが発生することもあります。

携帯電話を強制的に解約

クレカを使わずに携帯電話のキャリア決済でAmazonギフト券を購入することもできます。
しかし、現金化に使うことは携帯会社の規約違反。

携帯電話会社にバレてしまうと、携帯を強制的に解約されてしまうこともあります。

クレカと同じく、他の携帯電話会社と情報を共有しているため、他のキャリアも使えなくなる可能性があります。

Amazonギフト券買取で現金化がバレないための対策

Amazonギフト券買取で現金化がバレないための対策

1回の額を少額におさえる

高額購入は現金化だと思われやすいので、1回の金額は少額にしておきましょう。
10万円以上の購入などは不自然なので、あくまで少ない金額で購入します。

購入時のアカウントと使用するカードに気をつける

自分で使う人は、Amazonの会員名とカード名が同一であることがほとんどです。
しかし会員名とカード所有者の名前が違う場合、別の用途に使うと判断されやすくなります。

不正利用を疑われないよう、名義や名前は統一するようにしてください。

買取がバレない優良業者を利用するのが安全。

Amazonギフト券の買取業者は多くあります。
優良業者であれば経験も多いですし、何かしらの対策を行っているので安全性を優先させるようにしましょう。

業者選びはカード会社にバレない上でも重要なので、優良業者を選ぶようにしましょう。

Amazonギフト券買取サイトおすすめランキング

無理な額は利用しない、支払期限は守る。

まとめて買取してもらう方が金額的にお得になりやすいですが、まとめ買いは止めておきましょう。
返済できないと結果としてカード会社にバレてしまう可能性が高くなるので危険。

滞納をしないように、支払いができる金額内で購入するようにしましょう。

Amazonギフト券買取で現金化がバレやすい人の特徴

Amazonギフト券買取で現金化がバレやすい人の特徴

金融ブラックに登録されている

金融ブラックに登録されている人は、お金に困っている証拠でもあります。
カード会社からのチェックも厳しくなるので現金化がバレやすいです。

カードの支払いを滞納している

カードの支払いを滞納していると、カード会社からチェックを受けることになります。
支払いをしていれば個人ごとに細かく確認されることはないですが、滞納すると確認されやすいためカード会社にバレやすくなります。

キャッシングを利用している

キャッシングを利用するということは、お金に困っていると判断されます。
そのため「現金化している」と思われやすいので注意しましょう。

どんな時にAmazonギフト券買取で現金化がバレるの?

どんな時にAmazonギフト券買取で現金化がバレるの?

大量に購入した(高額な決済)は疑われやすい

何でもそうですが、大量購入をすると転売や現金化を疑われます。
あまりに多い枚数や金額だと自分で使うとは考えにくくなるため、疑われるのは当然です。

Amazonギフト券は自分で使う以外にもプレゼントとしても重宝されますが、それでも枚数が多いとバレてしまうので危険です。
過去の購入履歴も含めて現金化できそうなものを購入しているかどうかも調べられることになり、現金化目的だとバレてしまいます。

繰り返し購入している

普通の人であれば、自分で使うにしてもプレゼントに使うとしても頻繁にギフト券を購入しません。

何度も購入していると疑われるのは当然ですから、頻繁に購入するのは止めておきましょう。
一度購入したら期間を空けるようにし、3日連続などは止めておきます。

返済ができなかった

買取目的で購入する場合、まとめて購入して返済ができないということもあります。
決済ができないとすぐにカード会社に調べられてしまうのでバレてしまう可能性が高いです。

あくまで支払える金額内で購入するようにしましょう。

普通の人であれば返済できないほどの金額分のギフト券を購入することはありません。
返済できないほど購入するということは、別の目的があると判断されます。

もしAmazonギフト券買取で現金化を疑われたら?

もしAmazonギフト券買取で現金化を疑われたら?

現金化を怪しまれてしまうと、カード会社から確認の電話が入ります。

現金に困っていたなどと言うと現金化だと判断されてしまうので、現金化だと思われないように返答しましょう。

友人にお礼で配るため、購入したいものがあるからまとめて買ったなど、理由を伝えます。

いくら怪しくても、きちんとした正当な理由があれば問題ありません。
カード会社から連絡がきたらどう答えるのか、前もって考えておくようにしましょう。

まとめ

Amazonギフト券 現金化 ばれる まとめ

Amazonギフト券を買って現金化する場合、注意しておくべきことがあります。

大量購入、頻繁に買うなどはバレてしまいやすいですし、ペナルティが発生するので気をつけておきましょう。

安全に利用することを第一に考え、リスクを最小限にするためにもしっかり業者選びをするようにしましょう。

© 2021 クレジットカード現金化リサーチナビ